ハドリー,G.(読み)はどりー

世界大百科事典内のハドリー,G.の言及

【大気大循環】より

…この子午面循環にコリオリの力が働き,上層で西風,下層で東風が吹くようになる。18世紀前半,ハドリーGeorge Hadley(1685‐1744)はこのような子午面循環が存在するとして,大循環の特徴を説明しようとした。もし,地球の自転速度が現在よりも遅いか,あるいは南北の気温差が現在ほど大きくならなければ,この1細胞構造の子午面循環がそのまま持続することが,ディッシュパンを使った室内実験モデルで示されている。…

※「ハドリー,G.」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android