ハナフサ(読み)はなふさ

世界大百科事典内のハナフサの言及

【キンギョ(金魚∥錦魚)】より

…ジゥチュウユイ(絨球魚,ponpon,narial bouquet)は鼻孔を覆う肉質の突起(鼻孔褶(びこうしゆう))が異状に大きく発達して房のようになった品種をいう。日本にも戦前からわずかながらオランダシシガシラの一部にこのような形質をもった品種が存在し,ハナフサ(またはハナブサ。鼻房)と名付けられていた。…

※「ハナフサ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android