コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハネイギス

海藻海草標本図鑑の解説

ハネイギス

からだは円柱状で糸状。不規則に各方向に羽状分枝をするが片側に偏生することもある。分枝の角度は広く,基部はややくびれる。先端はまっすぐで尖り叉状分 枝することはない。からだの表面には輪状模様が入る。他の海藻上や岩上に着生しており,あまり大きくならない。四分胞子嚢は球形をしており皮層内に埋まっ ており散在しているのが表面観写真よりわかる。手触りは軟骨質でしっかりしている。生体は濃紅色〜紅色。押し葉標本は台紙に良くつく。

出典 千葉大学海洋バイオシステム研究センター銚子実験場「海藻海草標本図鑑」海藻海草標本図鑑について 情報

世界大百科事典内のハネイギスの言及

【イギス】より

…高さは10~30cmになり,体は紅紫色,糸状,円柱状で叉(さ)状,3叉状または4叉状に分枝する。似た種類にハネイギスC.japonicum Okamura,アミクサC.boydenii Gepp,エゴノリCampylaephora hypnaeoides J.Ag.などがあるが,ハネイギスは小枝を羽状に出すこと,アミクサは体の節部の周囲から小枝や細毛のような枝を多数出すこと,エゴノリは枝の先端が釣針のように曲がることで,それぞれ区別される。日本,朝鮮半島,千島列島,サハリンの沿岸に分布し,〈いぎすこんにゃく〉を作って食用とするほか,寒天原料の混合藻としても使われる。…

※「ハネイギス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

ハネイギスの関連キーワードケイギスイギス

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android