コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハネソゾ

海藻海草標本図鑑の解説

ハネソゾ

からだは基部近くを除き扁圧した円柱状。分枝は互生で平面的な羽状分枝。枝の先端は平たく尖らない。分枝の角度は広く腋は丸くなる。比較的規則正しく並ん だ表面の細胞内にはサクランボ小体が各細胞に1個ずつあるのが観察できる。付着器は盤状。手触り柔らかい多肉質。生体は紅紫色〜オレンジ色押し葉標本 は紙によくつく。

出典|千葉大学海洋バイオシステム研究センター銚子実験場「海藻海草標本図鑑」海藻海草標本図鑑について | 情報

世界大百科事典内のハネソゾの言及

【ソゾ】より

…紅藻綱イギス目フジマツモ科の1属で,全世界で約80種が知られ,とくに温帯海域の潮間帯に多いが,寒帯や熱帯の海域にも分布し,また低潮線下に生育するものもある。浅所産の代表種としてクロソゾL.intermedia Yamada(イラスト)とコブソゾL.undulata Yamada,深所産の代表種としてハネソゾL.pinnata YamadaとソゾノハナL.grevilleana Harveyがある。浅所のものは暗紅色~暗紅緑色を呈するのに対し,深所のものは鮮紅色のものが多い。…

※「ハネソゾ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報