ハバナ会社(読み)ばばなかいしゃ

世界大百科事典内のハバナ会社の言及

【カラカス会社】より

…カラカス会社は,こうした背景のもとで,1728年にギプスコア(バスク地方)の商人を中心に設立されたもので,ベネズエラ地方との直接貿易権を認可され,クラサオ島を拠点とするオランダ勢力の密貿易からベネズエラ地方を解放し,スペインにおけるカカオ不足の解消に貢献した。なお同社は,ホンジュラス会社(1714設立),ハバナ会社(1740),サント・ドミンゴ会社(1755)の設立とともに,カディス以外のスペイン諸都市とインディアスとの直接貿易に道を開き,1778年に始まる自由貿易体制への移行を準備したといえる。【清水 透】。…

※「ハバナ会社」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

二重価格表示

小売業者が商品の実売価格とともに、市価、メーカーの希望小売価格、自店の旧価格など2つの価格を表示して実売価格の値引幅を強調し、買い手の購買意欲を刺激しようとするもの。実際の市価やメーカーの希望小売価格...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android