コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハフマン符号 はふまんふごう

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

ハフマン符号

David A. Huffmanによって開発された符号で、特許の問題がないため、LZH形式JPEG形式といった多くの圧縮ファイルの基本技術として利用されている。ハフマン符号では、出現率の高いデータに短い符号を、出現率の低いデータに長い符号を割り当てることで、データの効率化を行う。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

世界大百科事典内のハフマン符号の言及

【情報量】より

…情報を物理量と同様に定量的に捉えることができることに気づいたのは比較的最近のことであり,この認識が今日の情報化社会を支える基礎技術の根幹をなしているといっても過言ではない。情報量とは,数学的に定義された情報源モデルから生成されるデータの本質的部分を(工学的立場から)定量化したもので,情報に対してわれわれが抱いている直感的な性格を反映しており,情報機器の設計にとって大きな指針を与える概念である。
[テキストのディジタル化]
 二つの状態をとりうる物理素子は1ビットの記憶素子として利用することができる。…

※「ハフマン符号」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ハフマン符号の関連キーワード圧縮アルゴリズムハフマン圧縮FV符号

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android