ハプト鞭毛(読み)はぷとべんもう

世界大百科事典内のハプト鞭毛の言及

【ハプト藻類】より

…クリステンセンT.Christensenが1962年に黄金色藻綱(ヒカリモ綱)から分離して創設した植物分類系の1綱。遊走細胞が等長の2本のむち型構造の鞭毛を前端にもつこと,さらにそれらの鞭毛の間にハプトネマhaptonema(ハプト鞭毛)と呼ぶ鞭毛様の付属物を1本もつことで特徴づけられる。プリムネシウム綱Prymnesiophyceaeともいう。…

※「ハプト鞭毛」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

リベルランド自由共和国

ヨーロッパ南東部のセルビアとクロアチアの国境に位置する、国土7平方キロメートルのミクロ国家。個人と経済の自由を信条として、チェコの経済学者ビト・イェドリチカを中心に2015年より建国が進められてきた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android