ハンスフィールド,G.N.(読み)はんすふぃーるど

世界大百科事典内のハンスフィールド,G.N.の言及

【医用画像処理】より

…しかし,これは複数の臓器が重なり合って写される投影像である。ハンスフィールドG.N.Hounsfieldにより1972年に発表されたX線CT装置は,複数の方向からX線を照射し,投影データを収集し,それをコンピューターで処理することにより人体の断層像を得るというものである。またさらに進歩し,この断層像を細かいスライス間隔で複数枚収集し,3次元のボクセルデータとし,3次元再構成像を得る3次元CTも開発されている。…

※「ハンスフィールド,G.N.」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エクストリーム出社

「エクストリーム出社」とは、早朝から観光、海水浴、登山などの遊びやレジャーを楽しんだ後、定刻までに出社する新しい通勤スタイルのことです。日本エクストリーム出社協会では、これを“エクストリーム(「過激な...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android