ハーッス(読み)はーっす

世界大百科事典内のハーッスの言及

【食客】より

…サハーバの一部は地方で総督や軍司令官となったが,大部分は高級官僚およびカリフの相談相手で,同じく円城内に住んで機密の任務にあずかったマワーリーとともに,カリフのとくに信頼する腹心であった。サハーバは第5代のハールーン・アッラシード(在位786‐809)以後,ハーッスkhāṣṣ(寵臣)とよばれた。このころカリフの厨房は特別厨房と一般厨房とに分けられ,カリフ,その一族,ナディームnadīm,臨時の客人だけが前者から食膳を供された。…

※「ハーッス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ABM

弾道ミサイル迎撃ミサイル。大陸間弾道ミサイルICBMや潜水艦発射弾道ミサイルSLBMを早期に発見・識別し,これを撃破するミサイル。大気圏外で迎撃するものと,おとりなどの識別が可能となる大気圏内で迎撃す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android