ハートリー,D.R.(読み)はーとりー

世界大百科事典内のハートリー,D.R.の言及

【原子単位系】より

… 質量の単位――電子の静止質量me 電荷の単位――電子の電荷e 作用の単位――プランク定数÷2π=ħこれらの定数の値(1980)を国際単位系の単位で表すと, me=9.109534×10-31kg e=1.6021892×10-19C ħ=1.0545887×10-34J・sとなる。この単位系は,イギリスの物理学者D.R.ハートリーによって1927年に導入された。原子単位系は現今の国際単位系には属さない単位系であるが,ボーア半径などの要素的な量を簡単に表現できるという利点を備えている。…

※「ハートリー,D.R.」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

二重価格表示

小売業者が商品の実売価格とともに、市価、メーカーの希望小売価格、自店の旧価格など2つの価格を表示して実売価格の値引幅を強調し、買い手の購買意欲を刺激しようとするもの。実際の市価やメーカーの希望小売価格...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android