バイヨ,P.(読み)ばいよ

世界大百科事典内のバイヨ,P.の言及

【バイオリン】より

…やや内側に反ったトゥルトの近代式の弓は,強弱の幅広い変化を容易にし,大編成の管弦楽に対抗しうる豊かな音量や,高度な弓使いの技巧を可能にしたのである。トゥルトの弓を導入したビオッティの近代的奏法は,その弟子バイヨPierre Baillot(1771‐1842)やクロイツァーRodolphe Kreutzer(1766‐1831),ロードPierre Rode(1774‐1830)らに受け継がれ,19~20世紀のバイオリン演奏に影響を与えた。 19世紀に入ると,イタリアではオペラの隆盛に伴ってバイオリンの衰退が始まった。…

※「バイヨ,P.」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

エクストリーム出社

「エクストリーム出社」とは、早朝から観光、海水浴、登山などの遊びやレジャーを楽しんだ後、定刻までに出社する新しい通勤スタイルのことです。日本エクストリーム出社協会では、これを“エクストリーム(「過激な...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android