バクー・コミューン(読み)ばくーこみゅーん

世界大百科事典内のバクー・コミューンの言及

【アゼルバイジャン】より

…臨時政府が置いたザカフカス特別委員会は無力であった。当初はメンシェビキ,エス・エル党等がバクー・ソビエトを主導していたが,バクー労働者の団体協約闘争の展開の中で,しだいにボリシェビキが勢力を伸ばし,18年の3月事件(ムサーワートとの武力衝突)を機に,4月ソビエト権力の樹立を宣言し,シャウミャンStepan G.Shaumyan(1878‐1918)を議長とするボリシェビキと左翼エス・エル党連立のバクー県人民委員会議,いわゆる〈バクー・コミューン〉が成立した。一方,首都ペトログラードの十月革命に対して,ムサーワート,グルジア・メンシェビキ,アルメニアのダシナクツチュン党等の民族主義諸派は,17年11月ティフリスでザカフカス委員部を形成し,18年4月にはザカフカス連邦共和国の独立を宣言した。…

※「バクー・コミューン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

熱射病

高温多湿下の労働時に外界への熱放散が困難なために発病する疾患をいい、現在では日射病とともに高温障害の一病型とされている。[重田定義][参照項目] | 高温障害...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android