バスタブ曲線(読み)ばすたぶきょくせん

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

バスタブ曲線

システムの運用時の時間経過と故障頻度の関係をグラフで表したときによく出現する曲線のこと。曲線の形がバスタブに似ていることから名付けられた。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

世界大百科事典内のバスタブ曲線の言及

【故障】より

…たとえば使い始めて1年後の製品100個を1月使用して1個故障すれば,その1月の故障率は1/(100×1月)=1%と計算される。人間の死亡率を年齢に対して図にしてみると洋式の浴槽の形になり,この曲線をバスタブ曲線bath‐tub curveという(図参照)。この曲線は,三つの時期,すなわち死亡率が減少する幼児死亡期,ほぼ一定の成人期,老化で上昇する老人期の三つからなっている。…

※「バスタブ曲線」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android