バック・トゥ・バック信用状(読み)ばっくとぅばっくしんようじょう

世界大百科事典内のバック・トゥ・バック信用状の言及

【バーター貿易】より

…外貨不足の国が輸入と見返りに相手国に対し自国の製品の購入を求める場合も広義のバーター貿易といえる。なおバーター貿易の決済方法には,代表的なものとしてバック・トゥ・バック信用状(輸入信用状と輸出信用状が同時に開設されるもの)やエスクロウescrow信用状(先に輸入した国の輸入商がその輸入代金を信用状開設銀行に積み立て,あとから輸入する国の輸入商がその積立金を取りくずして代金を決済するもの)がある。【佐々波 楊子】。…

※「バック・トゥ・バック信用状」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

政府開発援助

政府ベースの経済協力の一つで,特に先進国政府が発展途上国の経済開発などを促進するため財政資金を使って供与する援助。 (1) 2国間での直接援助と,(2) 国際機関を通じての多国間援助に分けられる。直接...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android