コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バーストモード ばーすともーど

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

バーストモード

入出力チャネルにおけるデータ転送方法のひとつ。データの転送時にアドレス指定を最初の1回で済ませて、以後はデータを連続的に送信する。アドレス指定を省略する分、データの転送速度が速い。インテルのi486以降のCPUにはバーストモードがあり、CPUとメモリー間のデータ転送に利用されている。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について | 情報

バーストモードの関連キーワードシンクロナスDRAMバーストSRAM入出力チャネル

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

バーストモードの関連情報