パターンファイル(英語表記)Pattern File

パソコンで困ったときに開く本「パターンファイル」の解説

パターンファイル

ウイルス対策ソフトがもっている、ウイルスを見つけるためのデータベースのことです。「定義ファイル」ともいいます。ウイルスに含まれている特定の文字列や、特徴的な動作パターンなどが登録されています。ほとんどのウイルス対策ソフトが、インターネット経由でデータを自動更新する機能をもっています。現在は新しいウイルスがどんどん出現するため、パターンファイルの更新が一日数回行われることも少なくありません。
⇨コンピュータ・ウイルス

出典 (株)朝日新聞出版発行「パソコンで困ったときに開く本パソコンで困ったときに開く本について 情報

ASCII.jpデジタル用語辞典「パターンファイル」の解説

パターンファイル

ウイルスを検知するために、各ウイルスの特徴をまとめたデータベース。過去に登場したウイルスに関する情報(指紋のようなもの)が登録されている。アンチウイルスソフトは、通過するファイルをパターンファイルと照らし合わせることでウイルスを発見する。最新のウイルスに対応するには、アンチウイルスソフトのパターンファイルをつねに最新版にしておく必要がある。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

デジタル大辞泉「パターンファイル」の解説

パターン‐ファイル(pattern file)

ウイルス定義ファイル

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

VAR

《video assistant referee》サッカーで、主審・線審のほかに試合を映像で確認する審判員。また、その制度。映像の確認中に検証が必要と判断した場合に無線で主審に伝え、主審はピッチ脇に用...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android