パッキオニ腺(読み)ぱっきおにせん

世界大百科事典内のパッキオニ腺の言及

【くも膜(蜘蛛膜)】より

… 上矢状洞など主要な静脈洞の内壁にはイチゴ状の小体があり,くも膜顆粒arachnoid granulationと呼ばれる。発見者のイタリアの医師パッキオニAntonio Pacchioni(1665‐1726)の名を冠してパッキオニ小体またはパッキオニ腺ともいわれる。この小体の壁は,くも膜と静脈洞内皮のみからなり,くも膜下腔の髄液はここから血流に入るといわれている。…

※「パッキオニ腺」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報