パドマ[川](読み)ぱどま

世界大百科事典内のパドマ[川]の言及

【ブラフマプトラ[川]】より

…アッサムは世界有数の多雨地帯であり,そのため雨季には2kmの川幅となり流路の変遷がめまぐるしく,氾濫時にはあたかも内海のようである。ガロ丘陵西端をめぐるとバングラデシュ領となり,低平な沖積平野を約240km南流してゴアルンドでガンガー川に合し,パドマPadma川となる。なお,ティスタ川合流点からゴアルンドまではジャムナJamuna川と呼ばれる。…

※「パドマ[川]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

熱射病

高温多湿下の労働時に外界への熱放散が困難なために発病する疾患をいい、現在では日射病とともに高温障害の一病型とされている。[重田定義][参照項目] | 高温障害...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android