パラマーヌチットチノーロット親王(読み)ぱらまーぬちっとちのーろっとしんおう

世界大百科事典内のパラマーヌチットチノーロット親王の言及

【タイ】より

…個人の作としては最大のロマン《プラアパイマニー》(スントーンプー作)が完成したのはラーマ3世時代(1824‐51)であろう。このころ,10年をかけて英雄ナレースエン王(在位1590‐1605)賛歌の名作《タレーンパーイ》を書いた僧籍のパラマーヌチットチノーロット親王(1790‐1853)は,《布施太子本生経》の約4割を名調子で書いている。 19世紀半ばから印刷が始まり新聞が発刊され,ヨーロッパに赴くタイ人が増え,1868年チュラロンコンが即位して文明開化期に入ると,散文全盛時代となったが,作家の生活は苦しく,現代文学にはまだ不朽の大傑作はなく,映画とテレビの普及は舞台演劇をも弱体化してしまった。…

※「パラマーヌチットチノーロット親王」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

二重価格表示

小売業者が商品の実売価格とともに、市価、メーカーの希望小売価格、自店の旧価格など2つの価格を表示して実売価格の値引幅を強調し、買い手の購買意欲を刺激しようとするもの。実際の市価やメーカーの希望小売価格...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android