パラメトリック過程(読み)ぱらめとりっくかてい

世界大百科事典内のパラメトリック過程の言及

【非線形光学】より

…これを一般化した現象として,異なる周波数ν1,ν2,……の複数個の入射光を用いて,その結合周波数ν=m1ν1±m2ν2±……(m1,m2は整数)の光を発生する光混合がある。また,周波数ν0の1個の入射光によって,ν0=ν1+ν2の関係を満たすν12の周波数の光を発生するパラメトリック過程がある。これは,2種の光混合過程ν1=ν0-ν22=ν0-ν1の結合によって,初めから存在するν12の微弱光が急激に増幅される現象である。…

※「パラメトリック過程」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報