パリティ検査符号(読み)ぱりてぃけんさふごう

世界大百科事典内のパリティ検査符号の言及

【ハミング符号】より

…1950年にアメリカのベル電話研究所のハミングR.W.Hammingによって考案された符号通信の1ビットの誤りを訂正することができる誤り訂正符号をいう。通常“0”と“1”から構成される二元符号で,誤りの有無を検出するのには,パリティ検査符号が用いられる。パリティ検査符号では,符号の中で用いられている“1”の数が偶数個あるか,奇数個あるかに従って,“0”または“1”のパリティ検査ビットが付加される。…

【符号】より

… 誤り制御用符号は,符号語中に余分な符号(これを冗長ビットと呼ぶ)を挿入し,この冗長ビットを利用して,符号語に誤りが生じたかどうか,あるいは誤りが生じたとして,その場所がどこであるかがわかるようにしたものである。誤り検出符号の代表的なものはパリティ検査符号である。これは,符号語に冗長ビットを1ビット付加して,符号語中の1の数が偶数個または奇数個となるようにしたものであり,単一の誤りを検出する能力をもつ。…

※「パリティ検査符号」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

KPI

KPIとはkey performance indicator の略で、企業目標の達成度を評価するための主要業績評価指標のことをいう。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android