パリ凱旋門(読み)ぱりがいせんもん

世界大百科事典内のパリ凱旋門の言及

【エトアール凱旋門】より

…パリ市内西部のエトアール広場(シャルル・ド・ゴール広場)中央に建つ石造のモニュメント。アウステルリッツでの戦勝後,ナポレオンによって,当時パリ市の境界をかたちづくるエトアールの丘に構想される。旧徴税門を取り壊し,1806年にシャルグランJean‐François Chalgrin(1739‐1811)が設計開始。その後ナポレオン失脚により計画は大きく変わり,建築家も交代し,七月王政期の36年にようやく完成した。…

※「パリ凱旋門」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

パリ凱旋門の関連情報