パリ東部劇場(読み)ぱりとうぶげきじょう

世界大百科事典内のパリ東部劇場の言及

【国立劇場】より

…〈TNP〉のおもなレパートリーには内外の読み直された古典と並んで,ブレヒトら,概して社会派の異色な現代作家たちの作品があげられる。なお,50年代からフランスでは一般に演劇の地方分散化の動きが活発で,パリの東のはずれで文化的には“砂漠”といわれたメニルモンタン界隈に新設された国立劇場,〈パリ東部劇場Théâtre de L’Est Parisien〉(略称TEP)をはじめ,パリ近郊や地方主要都市に国と地方自治体が共同出資する国・公立劇場(と劇団),多くの場合は,もともとA.マルローの提唱したいわゆる〈文化の家Maison de la culture〉付属演劇センターが開設され,それらの活動が総じてレベルが高く,前衛的なのは興味深い。プランションのグループももとはそうした代表的なセンターの一つだった。…

※「パリ東部劇場」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android