パンマ(読み)ぱんま

世界大百科事典内のパンマの言及

【私娼】より

…同時に,1946年の公娼制廃止と58年の売春防止法の実施にもかかわらず,売春は決定的な打撃を受けることなく,むしろ私娼は活発化した。戦前からの芸者や前記の街娼のほか,女給はホステスと名を変えて,バーのほかキャバレーやサロンに職場を拡大し,コールガール,雇仲居(やとな),デートクラブのガイド女,パンマ(パンパン的なあんまの略称)など枚挙にいとまがない。70年以後は個室付き浴場につとめる女性が中心的存在となったが,私娼の多様化はさらに進んでいる。…

※「パンマ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

新華社

中華人民共和国の国営通信社。新華通訊社が正式名称。 1931年延安で創立され,48年北京に移り,現在は政府国務院新聞総署の管轄下にある。特に文化大革命以後は重要度が高まり,党と政府の発表はここを通じて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android