パーセバルの等式(読み)ぱーせばるのとうしき

世界大百科事典内のパーセバルの等式の言及

【フーリエ解析】より

…一般に(2)が成立するとき,と書いてaに平均収束するという(記号l.i.m.はlimit in meanと読む)。またこのとき,もとの関数fを使って,と表され(プランシュレルの定理),パーセバルの等式,が成立する。fが有限区間(-π,π)上で2乗可積分な関数のとき,上の事実に対応して次のことがいえる。…

【フーリエ級数】より

…フーリエ級数がどのような意味でもとのf(x)を表しているかが問題である。f(x)が(-π,π)で2乗可積分であれば,(1)でとした部分和,または(2)でとした部分和をsN(x)とすると,という意味でsn(x)はf(x)に近づき,このときパーセバルの等式,が成立する。f(x)が(-π,π)で有界変動ならば,そのフーリエ級数は,に収束する。…

【フーリエ積分】より

…この事実をプランシュレルの定理という。さらにパーセバルの等式,が成立する。fとその導関数f′が可積分のとき,fのフーリエ変換をF(t)とすると,f′のフーリエ変換は-itF(t)になる。…

※「パーセバルの等式」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

熱射病

高温多湿下の労働時に外界への熱放散が困難なために発病する疾患をいい、現在では日射病とともに高温障害の一病型とされている。[重田定義][参照項目] | 高温障害...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android