ヒアシンス・オリエンタリス(読み)ひあしんすおりえんたりす

世界大百科事典内のヒアシンス・オリエンタリスの言及

【ヒアシンス】より

…ヒアシンス属とムスカリ属はごく近縁で,ときには混同されることもあるが,ヒアシンス属の種は花の先端部が広がり,ムスカリ属のようにつぼまることはない。栽培されるヒアシンスはヒアシンス・オリエンタリスH.orientalis L.から改良されたものであるが,ほかにも数種が栽植されている。【水野 嘉孝】
[神話]
 ヒアシンスの名称はギリシア神話に出てくる美少年ヒュアキントスにちなむ。…

※「ヒアシンス・オリエンタリス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

配偶者

夫婦の一方からみた他方。配偶者としての身分は、婚姻によって取得し、婚姻の解消によって失う。親族ではあるが、親等はない。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android