ヒシモンモドキ(読み)ひしもんもどき

世界大百科事典内のヒシモンモドキの言及

【ヨコバイ(横這)】より

… 植物の汁を吸収して直接的な被害を与えるほかに,植物の病原菌であるウイルスやマイコプラズマを媒介する種類があり,よりいっそう被害を大きくする。水田に多いツマグロヨコバイ(イラスト)はイネの萎縮病と黄萎病を,ヒシモンヨコバイとヒシモンモドキはクワの萎縮病を,ヒメフタテンヨコバイはミツバのてんぐ巣病を,それぞれ媒介する。まれにヨコバイ類が人体の皮膚に口針を刺して,吸血することがある。…

※「ヒシモンモドキ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

MBO

マネジメント・バイアウトは、経営陣による株式の買い取りであり、(1)過半数の株式取得によって経営権を手に入れることで敵対的買収に対抗するものと、(2)経営権を獲得し、株式非公開化をすることで敵対的買収...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android