ヒズブッラー(読み)ひずぶっらー

世界大百科事典内のヒズブッラーの言及

【イスラム復興運動】より

…両者は80年代を通じて各地に影響を及ぼし,新たな組織を生んだり,既存の組織,運動体を鼓舞する効果を持った。前者の例としてはレバノンのヒズブッラー(神の党),後者にはアルジェリアのFIS(イスラム救済戦線)がある。90年代にはさまざまな国で,イスラム復興と社会の再イスラム化をめざす運動と,現状維持を望む体制との間で軋轢が生じている。…

※「ヒズブッラー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

正義マン

倫理上問題がある行為などに対して過剰に反応し、正義感を振りかざして騒ぐ人を指すインターネットスラング。2019年10月の消費税増税と軽減税率制度の実施に伴って「イートイン脱税」が発生した際、これを店員...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android