ヒドゥン・ピーク[山](読み)ひどぅんぴーく

世界大百科事典内のヒドゥン・ピーク[山]の言及

【ガッシャーブルム[山]】より

バルトロ氷河源流域に,北東側のシャクスガム川流域との分水嶺をなす高峻な稜線が南に開く馬蹄形をなしてつらなる。頂上は東から西へ第1峰8068m(かつてヒドゥン・ピークと呼ばれた),第2峰8035m,第3峰7925m,第4峰7980mと並ぶ。第4峰西面は20km離れたバルトロ氷河下流部から望見でき,氷雪におおわれて白く輝くその山容から,バルティ語で〈輝く壁〉を意味するガッシャーブルムと命名された。…

※「ヒドゥン・ピーク[山]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エミュー

ヒクイドリ目エミュー科。ダチョウに似た大型の飛べない鳥。オーストラリア固有種で,国鳥。全長 140~164cm,背丈 150~190cmで,雌のほうがやや大きい。翼は羽毛に覆われて見えないが,約 20...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android