コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヒノキアスナロ

百科事典マイペディアの解説

ヒノキアスナロ

アスナロ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典内のヒノキアスナロの言及

【アスナロ(翌檜)】より

…北海道渡島半島から鹿児島県高隈山までの冷温帯各地に分布する。能登半島先端以北に産するものは果鱗の突起がごく短く,変種ヒノキアスナロvar.hondae Makino(別名ヒバ。〈ヒバ〉の項目を参照)とされる。…

【ヒバ(檜葉∥(■1))】より

…ヒノキアスナロともいう(イラスト)。アスナロの変種で,アスナロに似るが,果鱗の先端が角状に突出しないため球果がやや球形となり,鱗片葉もやや小さい。…

※「ヒノキアスナロ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ヒノキアスナロの関連キーワードヒバ(檜葉∥(■1))北海道檜山郡江差町厚沢部(町)檜山(支庁)江差(町)檜葉・桧葉東北地方津軽ヒバ津軽山地ひば曲物北海道針葉樹異形葉輪島塗小又峡江差町県木

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ヒノキアスナロの関連情報