ヒラムカデ

海藻海草標本図鑑の解説

ヒラムカデ

からだは膜質で,平たく,細長く,先端は尖る。盤状根から叢生する。基部近くは細く,円柱状となる。形態変化の幅は大きく,分枝を全くしないもの, 叉状に数回分枝するもの,ときに縁から側方に分枝するものも見られる。髄層はややゆるく糸状細胞が入り組み,皮層は表面に小さな細胞が密に配列し,内側に はやや大きな細胞が並ぶ。手触りは若いものでは柔らかいが,生長すると硬くなる。生体は茶褐色〜濃紅色をしている。ムカデノリに似る事があるが,本種の方が分枝が少ないこと,老成した個体は硬くなることなどで区別できる。

出典 千葉大学海洋バイオシステム研究センター銚子実験場「海藻海草標本図鑑」海藻海草標本図鑑について 情報

世界大百科事典内のヒラムカデの言及

【ムカデノリ(百足海苔)】より

…世界各地に分布する。近縁の種類にヒラムカデG.livida (Harvey) Yamada,キョウノヒモG.okamurai Yamada,カタノリG.divaricata Okamuraなどがある。前2種は南西諸島と北海道の寒海域を除く日本各地の潮間帯に生育するが,カタノリは日本海特産ともいうべき種で,分布域は日本海沿岸一帯および対馬海流が影響を及ぼす,津軽海峡から本州太平洋沿岸北部に限られる。…

※「ヒラムカデ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android