ビカースタフ,I.(読み)びかーすたふ

世界大百科事典内のビカースタフ,I.の言及

【バラッド・オペラ】より

…他方,この流行はヨーロッパ大陸にも影響を与え,ドイツではジングシュピールと呼ばれる類似のジャンルを生み出した。18世紀後半のイギリスでは,ビカースタフIsaac Bickerstaffeなどが作品を発表したが,これらは既存の曲ではなくて新たに作られた曲を用いている点でゲイなどの作品と異なる。いずれにせよ,語られるせりふと歌との共存,高度の庶民性や風刺性,既存のジャンルに対するバーレスクなどの特徴において,バラッド・オペラは現代のミュージカルの先行芸能として重要である。…

※「ビカースタフ,I.」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android