ビドゥーダバ(読み)びどぅーだば

世界大百科事典内のビドゥーダバの言及

【コーサラ】より

…王の妹がマガダ国のビンビサーラ(頻婆娑羅(びんばしやら))王の妃であったため,両国の関係は良好であったが,マガダ国にアジャータシャトル(阿闍世(あじやせ))王が立つと,両国は国境付近の領地をめぐって戦端を開いた。そして長期戦ののち,プラセーナジットの子ビドゥーダバViḍūḍabhaの時代にマガダ国に滅ぼされた。プラセーナジット王は仏教信者としても知られ,ブッダはしばしば都のシュラーバスティーを訪れ,滞在した。…

※「ビドゥーダバ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる