ビーアマン,W.(読み)びーあまん

世界大百科事典内のビーアマン,W.の言及

【ドイツ文学】より

…60年代の谷間を経たのち,70年代には新形式のバラードや身辺雑記的な詩が新生面を開拓したが,全体としては低迷が続いており,ツェラーンの希有な詩業のみが異様な光芒を放っている。また文学寄席の系譜がビーアマンWolf Biermann(1936‐ )によって新たな開花をとげたことも特記されよう。1950年末からは散文が主流となり,H.ベルG.グラスヨーンゾンなどによって,現代史を正しい意味での市民の観点からとらえ直そうとする小説が相次いで書かれ,戦後の代表的な傾向を形づくっていった。…

※「ビーアマン,W.」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android