ピジン・スワヒリ語(読み)ぴじんすわひりご

世界大百科事典内のピジン・スワヒリ語の言及

【スワヒリ語】より

…語彙では,その成立の起源を反映して,アラビア語に由来する語が目だち,とりわけ海岸地帯の方言では,[ð]や[θ]などのアラビア語音韻までが採り入れられている。それ自体ピジン言語として発生したスワヒリ語だが,20世紀になって急激に版図を拡大する段階で,新たなピジン・スワヒリ語を数多く生み出した。そのなかでもアップカントリー・スワヒリUp‐Country Swahiliは,白人入植者やインド人と地元のアフリカ人との接触から生じ,コンゴ・スワヒリCongo Swahiliは,スワヒリ語がコンゴ盆地へと伸張していく際に生み出されたものとしてよく知られる。…

※「ピジン・スワヒリ語」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

熱射病

高温多湿下の労働時に外界への熱放散が困難なために発病する疾患をいい、現在では日射病とともに高温障害の一病型とされている。[重田定義][参照項目] | 高温障害...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android