ピトエフ,G.(読み)ぴとえふ

世界大百科事典内のピトエフ,G.の言及

【ピトエフ夫妻】より

…フランスの俳優。夫ジョルジュGeorges Pitoëff(1884‐1939)はむしろ演出家として優れる。ジョルジュはロシアのティフリス(現,トビリシ)の劇場支配人の子として生まれ,スタニスラフスキーやダルクローズの教えを受けた後,1914年パリに出る。翌年ルドミラLudmilla(1895‐1951)と結婚し,ジュネーブに移ってアマチュアを募り,はじめはロシア語で,やがてフランス語でチェーホフ,イプセン,ルノルマンなどを演じしだいに認められる。…

※「ピトエフ,G.」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

リベルランド自由共和国

ヨーロッパ南東部のセルビアとクロアチアの国境に位置する、国土7平方キロメートルのミクロ国家。個人と経済の自由を信条として、チェコの経済学者ビト・イェドリチカを中心に2015年より建国が進められてきた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android