ピパ(楽器)(読み)ぴぱ

世界大百科事典内のピパ(楽器)の言及

【リュート】より

… その祖型は前8世紀ころ中近東に誕生したと考えられ,後1世紀には北西インドにもこの種の楽器の存在したことが,残されたレリーフから知られる。漢代から中国に知られたピパ(琵琶),そして日本の琵琶は,疑いなく,その直系の子孫であると考えられる。一方,中近東に生まれたリュートの祖型は,やがてペルシアにおいてとくに盛んになり,バルバットbarbatと呼ばれる楽器へと発達した。…

※「ピパ(楽器)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報