コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フィロソフィア ふぃろそふぃあ

世界大百科事典内のフィロソフィアの言及

【哲学】より

…〈哲学〉という言葉は,明治初年の段階で,西周(にしあまね)によって,英語の〈フィロソフィーphilosophy〉の訳語として作られた。〈フィロソフィー〉は,ギリシア語の〈フィロソフィアphilosophia〉に由来し,〈知恵(ソフィアsophia)を愛する(フィレインphilein)〉という意味の言葉である。そこで西周は,周濂渓(れんけい)の〈士希賢(士は賢をこいねがう)〉(《通書》志学)にならい,賢哲の明智を愛し希求するとの意で,はじめ〈希哲学〉(哲智すなわち明らかな智を希求する学)と訳し,のちに〈哲学〉と定めた(《百一新論》1874)。…

※「フィロソフィア」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

フィロソフィアの関連キーワード形而上学(アリストテレスの著述)アウグスティヌス(神学者)ギリシア哲学/用語形而上学(哲学)アリストテレスディオティマプラトン学派ギリシア哲学イスラム哲学ソクラテスフィチーノファイドンストア学派プラトン西洋哲学中沢新一哲学工学饗宴

今日のキーワード

吝か

[形動][文][ナリ]1 (「…にやぶさかでない」の形で)…する努力を惜しまない。喜んで…する。「協力するに吝かではない」2 思い切りの悪いさま。「民衆も天才を認めることに―であるとは信じ難い」〈芥川...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

フィロソフィアの関連情報