コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フトジュズモ

海藻海草標本図鑑の解説

フトジュズモ

からだは糸状分枝は無く,肉眼でも分かるほどの大きさの樽型から円柱状の細胞が1列に連結している。からだの下部はらせん状にねじれ,しばしば藻体がか らまり合い塊状となる。春〜初夏に成熟し,からだの上部の細胞から細胞全体が生殖細胞(遊走子配偶子)へと変化し,それらはある時期に一斉に放出され る。生殖細胞放出後の細胞列は,色が抜け白く透明にみえる。 手触りは硬い。生体は青みがかった緑色〜濃緑色で,しばしば金属的な光を発する。押し葉標本は台紙によく付かない。種小名「spiralis」は「螺旋(らせん)形の」の意味。

出典|千葉大学海洋バイオシステム研究センター銚子実験場「海藻海草標本図鑑」海藻海草標本図鑑について | 情報

世界大百科事典内のフトジュズモの言及

【ジュズモ(数珠藻)】より

…海にも淡水にも生育するシオグサ属に近縁の緑藻の1属で,体は単列糸状,無分枝で,細胞が多数の核と網目状の葉緑体をもつことで特徴づけられる。体を構成する細胞は種類によってはきわめて大きく,海産のフトジュズモC.spiralis Okam.やタマジュズモC.moniligera Kjellmanでは直径2mm以上に及ぶものがある。この属の生活史は基本的にはシオグサ属と同じ同型世代交代である。…

※「フトジュズモ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

フトジュズモの関連キーワードジュズモ(数珠藻)ジュズモ数珠藻

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android