コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フラッグショップ ふらっぐしょっぷflagship shop

2件 の用語解説(フラッグショップの意味・用語解説を検索)

知恵蔵の解説

フラッグショップ

大都市の一等地に開設された、企業やブランドを象徴する大型の路面店舗。情報発信基地としての役割を果たす。日本では地価の下落によって都心部に出店しやすくなったこともあり、これまで百貨店やショッピングセンターを中心に店舗展開してきた小売業や海外ブランド・メーカーが、独立した広い売場に関連商品を含めて幅広い品揃えをし、統一されたコンセプトイメージを訴求したり、新たな顧客層の開拓を目指したりしている。最新のデザインモデルを紹介するアンテナショップとして、また既存店舗ではできなかった多様なサービスを提供する場という位置付けもなされている。東京の銀座、青山や大阪の心斎橋などに、超高級ブランドのフラッグショップが相次いで出店しているが、ファッション分野だけではなく、生活雑貨スポーツアウトドア商品の大型店も開設されている。

(懸田豊 青山学院大学教授 / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」
知恵蔵について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

フラッグショップの関連情報