コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブルターニュ地方 ぶるたーにゅちほう

世界大百科事典内のブルターニュ地方の言及

【グレート・ブリテン[島]】より

…しかしローマ時代に入ると,最も遅くこの島へ移住したケルト系ブリトン人にちなむ〈ブリタニア〉の名称が定着し,今日のブリテンとなった。正式にグレート・ブリテンの名称が採用されるのは,1707年にイングランドとスコットランドが合同して連合王国を形成したときであり,フランスのブルターニュ地方をさすリトル・ブリテンと区別するため命名された。島は行政上,北部のスコットランド,南西部のウェールズ,中部・南部のイングランドに区分される。…

※「ブルターニュ地方」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

ブルターニュ地方の関連キーワードバセー・フォーブ・ド・ブルターニュブリタニー・スパニエルガレット・ブルトンヌディナン(フランス)コートダルモール県コルヌアイユの祭りジャン グルニエブルターニュ半島サンマテュー岬エタンプ公夫人クイニーアマンカルナック列石カルナック遺跡ポンタベン派サンブリュー反印紙税一揆J. バシェメルクール公ブルトン語セズネック

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ブルターニュ地方の関連情報