ホソバコゴメグサ(読み)ほそばこごめぐさ

世界大百科事典内のホソバコゴメグサの言及

【コゴメグサ(小米草)】より

…前者は萼が鐘形で,花は比較的大きく,長さ8~9mmある。地理的変異が多く,東北地方にホソバコゴメグサ,中部地方北部にミヤマコゴメグサ,伊吹山にイブキコゴメグサ,四国にトサコゴメグサなどがある。後者は萼が狭鐘形で,花は6~7mmで日本全土の低山地に生育する。…

※「ホソバコゴメグサ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android