ホソバタイセイ(読み)ほそばたいせい

世界大百科事典内のホソバタイセイの言及

【タイセイ(大青)】より

…タイセイ属Isatisはアジア,ヨーロッパ,アフリカから30種近くが報告されているが,分類のむずかしい仲間で,まだかなり混乱があるようである。 ホソバタイセイI.tinctoria L.(英名dyer’s‐woad)はヨーロッパや西南アジア原産の越年草で,タイセイと同様,染料に用いられた。ハマタイセイI.tinctoria L.var.yezoensis (Ohwi) Ohwiは一名エゾタイセイともいわれ,北海道から朝鮮,ウスリー地方の海岸に野生している。…

※「ホソバタイセイ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

猫バンバン

寒い季節になると多発する、猫が自動車のエンジンルームやボンネットの中に潜り込んでいたのに気付かず発車してしまうという事故を防ぐための動作。自動車を始動させる前にボンネットをバンバンとたたき、猫の鳴き声...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android