マイノリティ(読み)まいのりてぃ

世界大百科事典内のマイノリティの言及

【エスニシティ】より


[多文化主義の基盤へ]
 エスニシティ概念は,第2次世界大戦後〈人種のるつぼ〉社会(メルティング・ポット論)の模範とされたアメリカで,1960年代に黒人公民権運動が盛んとなり,黒人やスペイン語系住民(ヒスパニック)がメルティング・ポットからの排除・差別に対し異議申し立てをしたこと,また,多くの非英語系移民・難民が,アメリカ社会に適応しつつも伝統的文化をかなり保持し結束していたことから〈メルティング・ポットの終焉〉が叫ばれ,サラダ・ボウル型多民族国家論(サラダ・ボウル論)が論じられたことなどにより普及した。さらに,同化・融合政策をマイノリティ(少数派)が批判しはじめると,エスニシティ概念は肯定的にみられ,カナダ,オーストラリアでは,1970年代より多文化主義政策の基盤となった。
[適用範囲の拡張]
 エスニシティ概念の普及はその適用範囲を拡張した。…

※「マイノリティ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

いざなぎ景気

1965(昭和40)年11月から70(昭和45)年7月にかけて57カ月続いた戦後最長の消費主導型景気拡大局面のこと。名目成長率は毎年2桁で推移した。これに先立つ1955~56年の「神武景気」や58年~...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

マイノリティの関連情報