マジョラン

栄養・生化学辞典の解説

マジョラン

 ハナハッカ,マヨナラともいう.シソ目シソ科の多年草マジョラン(オレガノ)[Origanum vulgare],[Majorana hortensis],[Majorana onites]の葉,花,柔らかい茎などを乾燥したスパイス.着香料として用いる.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android