コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミューニュートリノ

2件 の用語解説(ミューニュートリノの意味・用語解説を検索)

素粒子事典の解説

ミューニュートリノ

記号電荷質量スピンパリティ寿命分類
νμ00?1/2
無限大?軽粒子
★記号★

弱い力でミュー粒子と同時に反応にあずかるニュートリノ。パイ中間子やK中間子がミュー粒子にこわれる際同時に発生する。1962年,電子ニュートリノとは別のニュートリノであることが,米国ブルックヘブン研究所で確認された。

出典|素粒子事典
(C) Copyright 1996-2010 Sadaharu UEHARA and Junpei SHIRAI
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ミューニュートリノ
ミューニュートリノ

ニュートリノ」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ミューニュートリノの関連キーワード電子ニュートリノμ粒子スミューオンZボソン反μ粒子ミュー粒子グザイ粒子軽粒子(レプトン)タウニュートリノ荷電パイ中間子

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ミューニュートリノの関連情報