コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミューニュートリノ

素粒子事典の解説

ミューニュートリノ

記号電荷質量スピンパリティ寿命分類
νμ00?1/2
無限大?軽粒子
★記号★

弱い力でミュー粒子と同時に反応にあずかるニュートリノ。パイ中間子やK中間子がミュー粒子にこわれる際同時に発生する。1962年,電子ニュートリノとは別のニュートリノであることが,米国ブルックヘブン研究所で確認された。

出典 素粒子事典素粒子事典について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ミューニュートリノ

ニュートリノ」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ミューニュートリノの関連キーワードレプトン数、バリオン数の保存二ニュートリノ説スタインバーガー反ニュートリノレーダーマンシュワルツレプトンπ中間子素粒子μ粒子

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android