コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

メガコンペティション

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

メガコンペティション

世界各国の企業が国境業界を越えて競争する状態をいう。ソ連の社会主義体制崩壊後、多くの国々が市場経済へと参入し、90年代の終わりごろから発生した状態であるといわれている。近年アジア、ラテンアメリカ諸国の台頭により、生産や流通分野での生き残り競争がさらに激化している。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

メガコンペティション(megacompetition)

地球規模で行われる企業間の大競争。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

メガコンペティションの関連キーワードサプライチェーン・マネジメント電子工業SCM

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android