コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラスタ らすた

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

ラスタ

画像表示の最小単位である1画素(ピクセル)が、横1列に並んだもの。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

世界大百科事典内のラスタの言及

【度量衡】より

…(4)人や家畜の能力による度 今度は(ニ)の系統の話であるが,一定時間内に進む道のりのたぐいのものがいくつも知られている。人間が歩くときの歩幅による単位(英米のペースpace=約76cm,ドイツのシュリットSchritt=71~75cm),同じく複歩による単位(古代中国の歩や古代ローマのパッススpassus=約148cm,後者の1000倍のミレ・パッスムmille passuumが,後のマイルにつながる)から始まって,スタディウムstadium(複数はスタディアstadia)やその倍量,あるいは1日に歩くことのできる距離(古代ゲルマンのラスタrasta),車で1日に移動できる距離(古代インドのヨジャーナyojana)その他,さまざまな例がある。ちなみに1スタディウム(ギリシア語ではスタディオン)とは,日の出の最初の光を認めた一瞬に歩き始めた人が,日輪の下縁が地平線を離れる一瞬までに進む距離を意味し,約180~200mと解されている。…

※「ラスタ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ラスタの関連キーワードGraphical Kernel Systemフライング・スポット・スキャナ管コンピュータ・グラフィックスビットマップグラフィックスRasta colourグラフィックスメモリーFATファイルシステムラスタライゼーションrasteriseクラスター兵器連合金属クラスター錯体ラスタスキャン方式ディスプレー装置ラスタファリ運動ビットマップ画像ドレッドロックスランダムスキャンプロエラスターゼイメージメモリークラスター弾連合

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android