コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リバランス リバランス rebalance

2件 の用語解説(リバランスの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

リバランス(rebalance)

[名](スル)バランスを再調整すること。配分調整。「定期的にポートフォリオをリバランスする」

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

リバランス
りばらんす

資産運用テクニックで、相場変動で変化した投資配分の比率を調整してバランスを取る運用方法。ポートフォリオの一部を売却したり、買い増したりすることによって行う。たとえば日本株に40%、国内債券に30%、海外債券に30%とあらかじめバランスを設定する。日本株の上昇と国内債券の値下がりにより割合がそれぞれ50%、20%、30%と変化した場合、日本株を売却し、国内債券を買い増して、運用開始当初の比率を維持していく。より高度な方法としては、上昇傾向にあるジャンルの投資商品への投資配分を増やしていくことで、運用収益を引き上げる方法もある。個人投資家だけでなく、年金運用機関や投資信託ファンド)もあらかじめ顧客に対してポートフォリオの比率を明示していることが多く、相場の変化に応じたリバランス取引をこまめに行っている。リバランスに伴う、ファンドによる買いや売りが、相場に大きな影響を与えることもある。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

リバランスの関連キーワード総合年表(ヨーロッパ)日本年号一覧総合年表(北・東・東南アジア)姓名/日本のおもな姓氏季語総合年表(アメリカ)総合年表(西・南アジア)名数小辞典日本日本神話の神々

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

リバランスの関連情報