コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

一斉林 いっせいりん

大辞林 第三版の解説

いっせいりん【一斉林】

皆伐跡地に一斉に植林して造った、単一の樹種の森林。単層林。 ⇔ 複層林ふくそうりん

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の一斉林の言及

【皆伐】より

…森林を長年にわたって育てていくには理想的であるが,稚樹の生えやすいことが必須条件であり,伐採や切った木を運び出す際に稚樹を傷めやすいことや単位面積当りの1回の収入が少ないなどの難しい点がある。一方,傘伐は樹種,樹齢がそろった林(一斉林)が伐期に達した時,皆伐のように一時に全部を切らず,数回に分けて切る方法で漸伐ともよんでいる。親木の傘の下に稚樹を育てる伐採方法という意味で,段階的に伐採を繰り返してほぼ同じ樹齢の林をつくる方法である。…

【森林】より

…(1)青森のヒバ林は下北,津軽の両半島に分布している。下北半島では南部藩がヒバの大径木から順に抜き切りをしていたので,若干若く複層林型を示し,津軽半島では津軽藩がヒバの伐採を制限していたので老齢な一斉林型が多い。両半島のヒバ林に対して昭和の初期からその一部に天然林施業実験林を設け,理想的な施業を行っている。…

※「一斉林」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

一斉林の関連キーワード単層林複層林間伐